移動型オゾン発生装置SHIEN-10G

■価格(税込)283,800円

■特徴

1.殺菌プラス脱臭
無人下での高濃度のオゾンガスによる浮遊菌だけでなく付着菌にも作用し、空間をすみずみまで「強力殺菌」、短時間利用で「速効脱臭」の1台2役の効果。

2.安全制御
タイマーにより運転時間を設定し、無人下でも安心の自動制御です。

3.低コスト
ランニングコストは、電気と空気のみです。コンセントがあればどこにでも移動可能です。

■用途
病院、動物病院、福祉施設、食品工場、飲食店、カラオケボックス、店舗、オフィス、道場、救急車、観光バス、公衆トイレなどの様々な施設で利用されております。

■注意
業務用機器で高濃度オゾンが発生するため、必ず人と動物がいない場所で動作させてください。

■仕様

オゾン発生量10g O3/h
電源AC110V 50/60Hz
消費電力150W
外形寸法370mm×315mm×165mm
重量6.0kg
運転仕様運転と待機を繰り返すサイクル運転
最大対応床面積120㎡
使用温湿度範囲0~40℃(結露のないこと)

■適正運転時間目安

床面積20㎡40㎡60㎡80㎡100㎡120㎡
空間容積50㎥100㎥150㎥200㎥250㎥300㎥
運転時間目安7分~15分~21分~28分~36分~44分~

※算出条件:天井の高さ=2.5m、室内状況により差異が出ます。
※公立大学法人奈良県立医科大学の発表資料のCT値(オゾン濃度と効果)を参考に算出しました。

オゾンが新型コロナの感染力をなくすと確認
世界中を恐怖に陥れている新型コロナウイルスについては、オゾンによる不活性化を確認したとの報告が奈良県立医科大学からプレス発表されました。
空気中のウイルスを、細胞レベルで死滅させることができるオゾン発生器を設置すれば、感染のリスクを軽減させることができます。
オゾン発生器は新型インフルエンザだけでなく、従来の季節型のインフルエンザやノロウイルス、大腸菌などにも効果がありますが、ようやく新型コロナウイルスにも効果があることが検証されました。

■オゾン濃度と効果(CT値)を求める計算式
オゾン濃度と効果(CT値)を求める計算式

■オゾンの殺菌・ウイルス分解能力

細菌・ウイルスの名称室内オゾン濃度状態散布時間減少率(%)
大腸菌1ppmガス50分99.9
インフルエンザウイルス1ppmガス18分99.9
ノロウイルス1ppmガス72分100
黄色ブドウ球菌1ppmガス60分99.9
セレウス菌1ppmガス24分100
サルモネラ菌1ppmガス24分100

※出典:アドプロジェクト合同会社データ

移動型オゾン殺菌装置「SHIEN-10G」を店内に設置しています。

» 「移動型オゾン殺菌装置SHIEN-10G」の導入事例はこちら

» 「移動型オゾン殺菌装置SHIEN-10G」の通販はこちら